狭小住宅は普通のお宅よりも面積が狭いのが特徴です。
快適に新生活を過ごすためには、収納術の実践がポイントです。
難しい事を考える必要はなく、市販のボックス型のグッズに種類別に片づけます。
種類別に片づける事、ボックスを使う事で元々はメタルラック等に片づけにくい物も、取り扱いが楽になります。
クリアボックスや段ボール箱に入れる事で、積み上げやすくなり、管理も捗るのがメリットです。
他人に見られたくない物は透けない物を使い、付箋で管理します。

狭小住宅で暮らすなら収納が命!

狭小住宅で暮らすなら収納が命! 狭小住宅で気持ちよく暮らすためには収納術の実践がキーポイントとなります。
月並みですが、ボックス型のグッズが役立ちます。
最初から複雑な収納を考える必要はなく、むしろ初心者には見せるインテリア等は逆効果です。
中身が見える箱型のグッズを購入し、種類別に物を片づけていきましょう。
日用品や文房具なども出来る限り、役割や目的別で区分したいところです。
箱詰めをする事で、細かい物が迷子になりません。
更にそのままでは収納し難い小型の家電や雑貨などもボックスに入れる事で、今度はカラーボックスやメタルラックに片づけやすくなり、物を極端に減らす事なく狭小住宅でも快適にライフスタイルが送れます。
中身が見られたくない物は通販サイトの段ボール箱に入れ、自分だけに分かるキーワードで書いた付箋などを張り付ければOKです。

狭小住宅は収納スペースを確保しています。

狭小住宅は収納スペースを確保しています。 狭小住宅は10坪から、25坪ぐらいの狭い家のことですが、一般的な住宅に比べると土地が変形していたり、土地が少ないので様々な工夫をして建てています。
地下室を作ったり3階建てにして高さを出すことで、狭い土地でも有効に活用することができます。
お子様などの家族が増えてくると、物が増えてきますが、収納家具を購入して設置をすると部屋に圧迫感を感じやすくなります。
狭小住宅は玄関やリビング、寝室などの設計工夫されており、スペースを有効活用しています。
玄関には靴が収納しやすいように下駄箱が設置されていますし、不要な物を収納できるように、床下などにスペースがあるので物が増えても安心して下さい。
信頼できる専門業者を利用すると、なるべくデッドスペースを作らない設計をしてくれるので、家が狭くてもすっきりと片付けができるのが特徴です。
地元で評判の高い専門業者を利用すると、壁や柱などの仕切りを取り除いてくれるので、あまり圧迫感を感じずに生活ができます。
家に高さを作ることであまり使用しない物は、3階の部屋に置いておくと便利です。
生活をしていると洋服が増えてきますが、事前に依頼しておくとクローゼットも作ってもらえます。

狭小住宅関連おすすめリンク

狭小住宅の建設を東京で検討